スポンサーリンク

年の瀬によく出てくる『アメ横』のおすすめ店3選

年末年始ニュース
スポンサーリンク

年の瀬になりましたね。

我が家はよくこの時期になると上野のアメヤ横丁(通称:アメ横)に行って、

お正月料理の材料や、カニを買いに行くのが毎年の恒例行事です。

 

そんな折、

という記事があったので、『アメ横』に関してお伝えしていきます。

 

この記事を読んでいただきたい方
・アメ横って年末によく特集されるけどなに?という方
・どこで年末年始の食材を買おうかしらと思っている方
・年末の雰囲気を楽しみたいすべての人

それでは、記事本編に入っていきます。

 

そもそもアメ横とは?

では、そもそもアメ横とはなんなんでしょう?

 

アメ横とは『アメヤ横丁』と呼ばれ、。戦後、現在のJR上野駅~JR御徒町駅までの間で、

外地からの引き揚げ者や復員軍人らが、露天を出したのが始まりとされております。

 

名前の由来に関しては諸説あるも有力な2説があり、

1つは砂糖が手に入りにくかった当時、「芋あめ」の店が並んだ為という説。

もう1つは、米進駐軍から出回ったアメリカ製品を売る店が多かったからという説があります。

 

とにかく、『闇市感』のようなものが残っている場所ですね!

 

年の瀬にはこの横丁に来る人が1日50万人前後にのぼるともいわれています。

尚、年末の5日間でいうと150万人から250万人の人が訪れる場所となっているのです。

 

このアメ横、どんな店が立ち並んでいるのかというと、

 

生鮮食品を扱う店・お菓子を扱う店・お茶やのりを扱う店・靴屋さん・ミリタリーショップ

果物を扱う店・スポーツ用品を扱う店・薬局・ゲームセンターなど、

様々なものの取り扱いがあります。

 

また、外国系の食品も多く、『アメヨコセンタービルの地下食品街』には

アジア食材が多く並びます。

 

続いては各種お店の紹介をしていきます。

 

アメ横の有名どころ3選

それでは、アメ横の有名どころといわれるようなお店を紹介していきます。

まずはこちらが先ほどの章で挙げた『アメヨコセンタービル』です。

扱っているものとしては、主に東南アジア系の食材から珍味、調味料などに至るまでを

取扱しております。

アメ横センタービル

出典:4travel.jpより

こちらが建物の外観です!↑

アジア食材

出典:4travel.jpより

↑こんな感じのアジア系食材が多数売ってます

 

このようなアジア系の食材が多く売っており、タイ・ベトナム・インド・中国などの

各種スパイスや食材に興味のある方にはたまらない場所かと思いますし、

日本にいらっしゃる外国の方も多く訪れている場所です。

 

こちらのお店に立地はどちらかといえば、JR上野寄りにありますので、

もし興味があったら立ち寄ってみてください。

 

 

続いては『二木の菓子』です。

二木の菓子

出典:二木の菓子 ホームページより

言わずと知れた上野の名店です。

とにかくお菓子が安いく種類豊富!それも業者が買いに来るってくらいの量と金額があります。

 

お菓子専門店として常時5,000種類以上のお菓子を取り揃えているとのことなので、

『あのお菓子あるかな?』とか、『スーパーで見かけないあの好きなお菓子あるかな?』

というような方は言ってみてもいいかもしれません。

 

私も、スーパーでなかったので見に行ったらあったという経験をしました。

(※もしかしたら探すのが下手だったのかもしれません)

 

最後に『吉池』です。

 

吉池

こちらはキャッチコピーとして『プロも通う魚介専門店』というのをうたっております。

毎年、筆者もこちらでカニを購入しております(笑)

 

年末年始の込み具合は半端じゃない!

でも、それくらいリピーターはついているので、一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

最後に

今回はアメ横の有名どころのお店について、記載をいたしました。

 

この辺の場所を見ると

「あ~、今年も終わるんだな」というような感覚になりますね。

 

安くて、、良い食材を買って、年を越したいものです。

なので、今回は【年の瀬によく出てくる『アメ横』のおすすめ店3選】

についてお伝えしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

よろしければ、読者登録&SNSフォローお願いいたします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました