スポンサーリンク

企業の無駄な固定費を省く『コワーキングスペース』

コワーキングスペースニュース
スポンサーリンク

おはようございます。『トレニュー』でございます。

ここ最近、

レンタルオフィスなどのCMがかなり多くなってきております。

この流れが多くなってきていることの背景としては、

・企業が固定費を払う事が無駄と感じるようになっている
・そもそも出勤して仕事をするという事が時間の無駄
・出勤しなくても仕事のできる業務内容

というところが多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はそのレンタルオフィスよりもより簡易的でかつ実用的

『コワーキングスペース』というものを紹介していきます。

この記事は

今から企業しようと考えている人
オフィスを選定している企業担当者
サテライトオフィスを選定している担当者
個人事業主(ネット及び内職系)

向けの記事となっております。

 

今回は、コワーキングスペースで私が最も気になっている

BIZcomfort



こちらを参考に紹介していきます。

 

それでは本日もお付き合いください。

 

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、『CO WORKING』という語源で、ようやくすると

『共同で仕事をする場』という事になります。

コワーキング2

 

※最近英語を学んでいるので、ちょっと英語っぽいのを使ってみました。
良ければこちらの記事も見てみてください。

日本脱出のための自己投資?
英会話教室に通いだすと、魔法にかかったように話せるようになると思っている方はおおくいます。しかし、日本語などもそうでしたが、勉強をせずに話せるようになった方はいるでしょうか?環境がそうさせることもあるでしょうが、少なからず、漢字や文法の勉強をして今日があると思います。それと英語に関しても同様です。
オンライン英会話で注意すべきこと
オンライン英会話は通常の通学するタイプの教室よりも価格帯が安く抑えられるが、設備をそれなりにしておかないといけない点や、インプットをしっかりとしておかないと、宝の持ち腐れとなる。

 

コワーキングスペースの多くは、フリーアドレスのワークスペースが多く、

これは『空いている場所を使って仕事をする』という事になります。

ここ最近でも大手企業やグローバル企業、ベンチャー企業などでも

オフィスでフリーアドレスですと記載のある企業は増えてきましたよね。

 

そのようなものになります。

 

コワーキングスペースには何があるの?

コワーキングスペースには、それぞれ展開している企業によっても設備は異なるのですが、

多くの場合は

・無料Wi-Fi
・フリードリンク
・ワークスペース

とこのあたりがおいでしょう。

 

その他、各運営会社によっては、

・法人登記ができる
・郵便や宅配を受け取ることができる
・個室や会議室を使用できる
・電話を設置できる

これらができる可能性もあります。

 

しかし、後に挙げたものに関しては、月額利用料に+する形の利用になる場合がほとんどです。

 

次に月額利用料についてみていきます。

 

コワーキングスペースの月額利用料は?

1か月少なく見積もっても例えば2,000円程度~数万円程度かかる場合もあります。

これに関しては、どのくらいの頻度を利用するかどの設備を利用するかで変わります。

 

今回の

【BIZcomfort】さんでいえば

最低額のプランで2,000円というプランがあります。

 

月額2,000円~プラン対象者予想

『土日祝日プラン』・・・利用拠点が決まっており、土日祝日の利用しかしない方

『ライトプラン』 ・・・月2回の利用でお試し的に利用してみたい方

 

月額6,000円~プラン対象者予想

『全日プラン』  ・・・利用拠点が決まっていて、コンスタントに使いたい方

 

月額18,000円~プラン対象者予想

『全拠点プラン』 ・・・全拠点をフリーアドレスでフルに使い、会議室も利用したい方

『固定席プラン』 ・・・希望の1拠点固定席&全拠点利用で、専用席で落ち着て作業したい方

 

こんなところが主になります。

また、有料オプションとして、

『登記サービス』   ・・・月額3,000円で事業所登記できるオプション
『郵便ポストサービス』・・・月額2,000円で専用ポストを利用できるオプション
『郵便ポストサービス』・・・月額2,000円~でロッカーの専用利用ができるオプション
『会議室利用サービス』・・・15分100円~(会議室の大きさで異なる)のオプション
『プリントサービス』 ・・・今井無料or1枚10円~50円で利用できるオプション

 

という金額になっております。

仮にオフィスを借りようとしたときには、

月々賃料が発生しますし、敷金や礼金等、正直に言って

『無駄な費用』がかかってきます。

今の日本社会での賃貸事業などは、借りている方に対しての負担が大きく、

貸主の負担は少ないような現状もあります。

その他、まとまった資金が必要ではない為、経済的でかついいサービスです。

 

ご契約や検討はこちら↓



まとめ

まとめとしては、

・初期費用を抑えたく、経済的で、機動性の高いオフィスを求めている方にはおススメ
・落ち着いて作業したい方や作業スペースを確実に確保したい方にはデメリットも

というところでしょうか。

 

今回は、私が非常に調べている中で良いと思ったコワーキングサービス

BIZcomfort



こちらを紹介しました。

 

良ければ検討してみるのもいいかもしれませんね。

 

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

良ければ、読者登録、SNSフォローを合わせてお願いいたします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました