スポンサーリンク

プログラミング学習について

プログラミングニュース
スポンサーリンク

こんにちは。

『トレンド&ニュースのまとめサイトのトレニュー』です。

今回は、ニュースやトレンドとはテイストが異なるのですが、

『プログラミング学習について』というものを掲載していきます。

 

プログラミングスクールといっても、通学型・オンライン型・転職支援型等がありますが、

今回はそのようなスクールの紹介をしておきます。

 

ちなみに、プログラミングスクールの転職支援型に関しては、『30代未満』の対象が多いので、
ご注意ください。

 

この記事をお勧めする人

プログラミングを学ぼうと思っている方
プログラミングを独学で学んでいるが、行き詰ってしまった方
プログラミングを学び、その業界に就職することを目標としている方

 

それでは本文に入っていきます。

 

プログラミングスクールとは?

プログラミングスクールとは、プログラミングを学ぶところです。

プログラミングとは、ネットのページにどう表示するかなどを示す言語です。

※プログラミング言語とは、英語などの語のように、英語しか理解できない人に関しては、英語をに変換して書くのと同じように、PCにわかるようにPC言語に表すという事です。

プログラミング言語とは、様々な種類があり、それぞれに特性があるものになりますが、
代表的なものとして

Java、PHP、C#、C++、Python、Javascript、Ruby、COBOL、unity、Swift等の言語で、

これらはプログラミング言語といいます。

※尚、よく聞くHTMLというものに関しては、マークアップ言語と呼ばれるものです。

こういったものを勉強する際に、独学だと誰にも聞けず、調べても答えにたどり着かないという
があると思います。

そんなときにこういったプログラミングスクールがあり、わからないところを解決できます。

独学でやる人の中には、限界を感じる人もいる為、そのようなスクールがあるのです。

 

で、こういったスクールに関しては、冒頭にあげた通りいくつかのパターンがあります。

次に、そういったパターン分けしたものを紹介していきましょう。

 

 

プログラミングスクールのパターン

通学型

少し敷居が高い気もしますが、独学をしていると、どこかで『わからなくてあきらめる』
という場面が訪れる可能性が有ります。
対面で人に質問できるというのは大きな点になると思いますが、
通学をするとなると働きながらやるには難易度が高い気もします。

【DMM WEBCAMP】

【WebCamp】

超実践型プログラミングスクール【.pro】


このあたりになるでしょう。

メリット

聞きたいタイミングでわからない事を質問できる。

デメリット

校舎まで通う必要があり、時間がかかる場合もある。

 

オンライン型

オンライン上でできるものになるので、家庭にPC・ネットなどの設備があるのが必須になります。
その他、通学ができるものもありますが、比較的始めやすいものになります。

ビジネススクール ビズデジ


TechAcademy [テックアカデミー]


プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp


【Tech Boost】


tech boostオンライン

このようなところになります。

メリット

場所を選ばず、PCがあれば学ぶことができ、通学に時間がとられない。

デメリット

対面ではない為、質問などを聞いて理解できるか不透明。
質問などをすぐにしてレスポンスが早いのかも不透明。

 

転職支援型

この転職支援型は、受講者に無料で講義やスクールを提供する場合がありますが、
あくまで、紹介事業となる為、紹介料を転職が決まった企業へ請求する形になります。

相場としては、転職が決まった方の想定年収の1/3程度といわれており、
仮に年収500万円想定であれば、紹介した会社には150万円ほど入ってきます。

【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

メリット

無料で始めることがで且つ就職支援を受けることができる。

デメリット

転職支援なので、いろんな面で小回りが利かないことも。

 

GEEK JOB

メリット

無料で始めることができ、就職支援迄トータルで受けられる。

デメリット

無料支援が受けられるのは20代迄

以上のものが紹介になります。

ちなみに私も独学で少しやってみているのですが、

現状挫折しそうではあります・・・

 

資金と時間に余裕がある方      ・・・通学型
時間が無い、お金は押さえたい    ・・・オンライン型
お金がないけど、転職したい(20代)・・・転職支援型

 

※転職支援型に関しては、多くの場合20代というものがありますので、
それ以外の年齢層はスクールに通うならほぼ有料になるかと思います。

 

まとめ

最後に大枠としてのまとめなのですが、

プログラミングを学んで転職を考えるならば『20代のうちに』という事です。

多くの転職支援型スクールだと、転職先の斡旋などもあわせて行ってくれ、
スクール自体も持ち出しがなくいける場合がほとんどです。

そういったものは20代に限定にしているものがほぼなので、
20代のうちに検討した方がいいです。

それ以外であれば、特に年齢等は無いので、自分に合った方法やあったスタイルで
選ぶ事ができます。

 

私個人も、自分でHPなども作成する事ができるようになって、
それを個人事業としてやっていく事を夢見ているので、
こういったものを検討しています。

無料体験や無料相談ができるものを紹介しましたので、
試しに無料体験でこうしたいという思いがある方はぶつけてみてもいいのではないでしょうか?

 

今回はプログラミング学習について掲載しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

読者登録&SNSフォロー&noteフォローもお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました