スポンサーリンク

『#税金爆死』から見る日本社会への警鐘

確定申告ニュース
スポンサーリンク

今回、Twitterのトレンドにも入ってきている、

『税金爆死』という内容を見て、昨今の日本経済や社会への警鐘を鳴らしていきます。

 

それでは本文に移っていきましょう。

 

税金爆死とは?

今回、Twitter上で#税金爆死というものが多く見受けられました。

ベビーシッター利用助成

その内容は、東京都のベビーシッターを利用するための支援制度になるのですが、
民間ベビーシッターを運営する事業者が1時間当たりの利用上限金額2,400円(税込)と定めた利用料と利用者負担額1時間当たり150円(税込)で利用でき、その差額を東京都が公費で負担をする。

⇒ここまでは、『そうなんだ!それって助かるね』と思える内容。問題はこの後

東京都及び区市町村が公費で負担した(助成額)は利用者にとって所得税法の「雑所得」となりそのほかの給与所得以外の所得金額との合計により、申告が必要。(申告により、後日所得税等が課税されます)

1月~12月までの合計額が20万円以上の場合は所得税の申告の為確定申告が必要になります。

???
という事は、先ほど利用者負担は1時間あたり150円で利用でき、民間のベビーシッターの業者は1時間の利用上限金額を2,400円に定めることができ、差額を公費で負担する。この公費を利用者に雑所得として計上するという事で、給与以外の所得が20万円を超えた場合に確定申告。

安い業者を利用して、浮いた分のお金を東京都が代わりに公費として払うから、浮いた分は利益として雑所得計上するから、利用者さんの「利益」として計上します。
なので、20万円を超えた分は所得税を課しますよ~って

『そんなアホな事あるかい?(笑)』

なんか、やばい組織の悪徳商法みたいな方法ですよね。

 

利用して浮いた分を利益とみなし、年間20万円をこえたら課税しますよって、

これは、ネットを騒がすわけだ。

こういったことが日本では現在多く散見されています。

 

今後の日本はどこへ行く?

ここ最近の日本では、税金や社会保障関連に関してもですが、どこかのしわ寄せをどこかが補うという自転車操業のようになってます。

例えば、

・消費税増税

・高齢者から医療費負増

・年金の支給を遅くする。

などなど。

様々ありますよね。

なんかもうこれ、借金をしていて、ある消費者金融への返済日が今日だから、他の消費者金融から借りて、返そう見たいな、そんな感じですよね。

少子化も進み、少子化対策は機能せず出生数も下がり100万人をわって、さらには90万人も割ったとか割らないとか・・・

 

あえて言うならば、日本崩壊のプロローグとなっているような気がしてなりませんね。

 

まとめ

・東京都のベビーシッター利用支援事業は事業主と利用者の間にある差額は雑所得となり、利用者側が確定申告をして1月~12月までの利用差額分が20万円を超える場合は確定申告をし、所得税を納めることになる

・日本崩壊のプロローグはもうきている

 

こういったところでしょうか。

 

よく国会で、誰かの不祥事を追求したり、意味のない議論をしたりしている事が多いですが、

是非有意義な国会にしてもらいたいです。

野党も、そういった重箱の隅をつつくようなことではなくて、実現可能な政策をぶつけ、真っ向から勝負してもらいたいと思います。

日本はいい国だと胸を張って若い世代も言えるようになるといいですね。

 

今回は、税金爆死から見る日本社会への警鐘をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

読者フォロー&SNSフォロー&noteフォローもあわせてお願いいたします。

 

日本崩壊に備える自衛策は、自分で稼げるようになること!!!!

自分で稼ぐのにおススメなサイトはこちら↓

クラウドワークス


クラウドテック


お試し無料出品いっぱい!占い・サイドビジネス・SNS拡散方法etc 何でもそろうクラウドソーシング スキルクラウド


ココナラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました