スポンサーリンク

日本の『バレンタイン』に見る先見の明

バレンタインニュース
スポンサーリンク

こんにちは、トレンド&ニュースのまとめサイト『トレニュー』です。

Twitterのトレンドでも今日は『#ハッピーバレンタイン』とか『#チョコ』とかがトレンドで上がってきているのを見て、今日はバレンタインだと思った方もいらっしゃるかもしれません。

本命チョコや義理チョコ、友チョコ等、いろんな形で楽しまれる方もいると思いますが、そもそも、バレンタインってチョコを送りあう文化だったのでしょうか?

そこで今回は、日本の『バレンタイン』に見る先見の明についてみていきたいと思います。

 

日本のバレンタインの発祥

結論から言うと、日本のバレンタインを流行らせたきっかけは諸説あり、どれとも完全に特定されていない状況となります。

例えば、昭和11年(西暦1936年)に今デパートなどにも入っている大手洋菓子店のモロゾフが『バレンタインはチョコを送るんです』というような売り込みをしたという話。
例えば、昭和33年(西暦1958年)この年はちょうど東京タワーの建った都市ですね。この年にメリーチョコレートがバレンタインセールという名目で販売をしたという話。
例えば、昭和35年(西暦1960年)にスーパーで売っているのをよく見るあの森永製菓がバレンタインデーの広告を出したという話。
例えば、昭和43年(西暦1968年)にソニープラザがバレンタインにチョコを送ることを勧めたという話。

このあたりの話はあいまいさなどもあり、全て正しいのかもしれないし、そうでないのかもしれません。

 

では次にこういった話の先見の明だと感じるところをお伝えしていきます。

 

日本の『バレンタイン』に見る先見の明

先ほどの例に共通して言えるのは、バレンタインデーというイベントを自社の商品などに紐づけた販売商戦であり、戦略であったという事が言えます。

そもそも多くの企業というのは、自社の商品を売り込むのに、広告を用いることもありますし、それ以外にも、なにかのイベントと紐づける等の要は売り込むための方法を模索します。

例えば『母の日に花を贈る』とか、

『クリスマスはチキンを食べる、おもちゃをサンタさんからもらえる』とか、

『節分は恵方巻を食べる』等の習わしがありますが、

どれも企業が商品を売るイメージ戦略がうまくいった例であります。

 

バレンタインに関しても同じことが言えるのです。

 

でも、こういったイメージ戦略ってよく考えるとすごいですよね?

これだけの長い期間、長い時の中

『バレンタインデーはチョコを送る』という事が浸透しているんですから。

そもそも、バレンタインの起源として、これも諸説ありますが、

あくまで『恋人の日』のようなもので、贈り物をしていたかどうか等の記載は確認できませんでした。

まあ、もしかするとそういったものもあったかもしれません。

 

こういった『自社の商品をイベントに結び付けて販売する先見の明』に関しては、現代のわれわれも見習うべきであると感じます。

今後、こういったことを参考に、イベントと結び付けてこれを送る等という企業のイメージ戦略が多く出てくるかもしれませんし、そうなった方が、より経済に活気も出るでしょう。

 

まとめ

・バレンタインにチョコを送るのは『企業のイメージ戦略のたまもの』
・バレンタインは企業の商品を売り込む先見の明である

 

このあたりが今回の内容のまとめになるでしょうか。

 

今回は、日本の『バレンタイン』に見る先見の明についてお伝えしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

読者登録&SNSフォロー&noteのフォローもお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました