スポンサーリンク

皆さん、親知らずの状態に気を付けて

歯ニュース
スポンサーリンク

こんばんは、トレニューです。

またまた自己紹介をしておきます。

~トレニュー中の人はこんな人~
★しがないサラリーマン★
〇大学は心理学を専攻

〇新卒で勤務した会社で残業200hを1年以上に渡り強いられる(士業系)

〇福祉関係企業で心理カウンセラー&療法士的な職に就く(医療福祉系)

〇IT企業でSEO等サービスのコンサルティング営業(IT系)

〇不動産投資の会社でセミナーや不動産営業(不動産・投資系)

〇IT企業でネットショップ出店者向けのコンサルティング(IT企業)

〇人材関連企業でRA・CA等(人材系)

▶2019年12月後半より副業及び投資活動を開始←今ここ◎◎◎◎

☆現在は、WEBマーケティングやWEBライティング、
プログラミングを学びながら心理学を駆使し、投資なども実践。
FP資格を保有し、投資は株式、為替(FX)、投資信託、先物等を行う。
広く浅く行動をしているしがないサラリーマンです!

 

まあ、そんなこんなで昨日

『あれ?』

と思ったことが・・・

 

親知らずが黒い気がする・・・

 

そこで医者へという事で、皆さんに気を付けてもらいたいポイントをお伝えします。

 

歯医者に行くときに気を付けてほしい事

とにかく歯が黒くなってからでは遅い!

とにかくですね、歯が黒くなっているともう遅いので完全にそもそも論にはなってしまいますが、歯が黒くなる前に行きましょう!!

一年に一回程度歯医者に行ってみて下さい。

ちなみに私は、多分20年間くらい歯医者というものに行っておりませんでした(笑)

そんなこともあるので、皆さんは注意してください。

 

歯医者は予約をして

普通に病院の感覚でいたんですが、歯医者って結構予約してから行くものみたいですね。

 

なので、近くの歯医者を探して、予約があるか否かを見てから行きましょう。

いったものの、診察を受ける事ができないという事もありうるので。

 

歯医者は長期治療になる

内科的なイメージでいると大間違いです。

歯医者は長く期間がかかります。

それも一回二回で終わるものではない可能性がありますので、

長期治療というのは前提になると考えておきましょう。

 

親知らずの生え方によって難易度が変わる

歯を抜くことになった際に、奥歯のそれも親知らず周辺が虫歯の場合ですが、

親知らずがまっすぐ生えている人は問題ないのですが、斜めないし横に生えている人は治療(抜歯)も一筋縄ではいきません。

しかも、斜めや横に生えている人はおそらくあごの神経に触れており、抜歯すると、あごがマヒするような感覚をしばらく味わうとともに、激痛を味わうとのことです。

そして、抜歯をするときも斜めに生えている歯を削ったり、砕いたりしながら少しずつ進めていき為、時間がかかる可能性があります。

その間麻酔は聞いているとはいえ、何となく気持ちの悪い感覚を味わうことになるでしょう。

歯医者は比較的高額(自己負担治療の場合)

歯医者は保険適応できるものは意外と少なく、歯を削らないでいい虫歯治療や、歯が白く見えるような詰め物などは自己診療となり、自己負担10割の治療になるのです。

そのため、めちゃめちゃ金がかかる。

 

大学病院を紹介されることも

町の歯医者であると、設備屋麻酔などが見極められないこともあるらしく、大学病院を紹介されることもしばしばだそう。

 

そのため、近くの歯医者に行ったのに、結局大学病院で治療という事もしばしば。

 

最後に

最後に、とにかく早めに歯医者に行くか、あらかじめ定期的に言っておくべきです。

虫歯になってからではいろいろと面倒すぎる・・・

 

そんなことを感じました。

 

私もまだ抜歯はしてないですが、仕事を休んだほうがいいという話ももらうくらい激痛だそう。

本当に嫌になりますね・・・

 

今日は皆さん、親知らずの状態に気を付けてについてお伝えしました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

読者登録・SNSフォロー・note・はてなブログもよろしくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました