スポンサーリンク

感染症対策に私情を挟む国、その名は『韓国』

韓国の困った話ニュース
スポンサーリンク

トレニューです。

~トレニュー中の人はこんな人~
★しがないサラリーマン★〇大学は心理学を専攻

〇新卒で勤務した会社で残業200hを1年以上に渡り強いられる(士業系)

〇福祉関係企業で心理カウンセラー&療法士的な職に就く(医療福祉系)

〇IT企業でSEO等サービスのコンサルティング営業(IT系)

〇不動産投資の会社でセミナーや不動産営業(不動産・投資系)

〇IT企業でネットショップ出店者向けのコンサルティング(IT企業)

〇人材関連企業でRA・CA等(人材系)

▶2019年12月後半より副業及び投資活動を開始←今ここ◎◎◎◎☆現在は、WEBマーケティングやWEBライティング、
プログラミングを学びながら心理学を駆使し、投資なども実践。
FP資格を保有し、投資は株式、為替(FX)、投資信託、先物等を行う。
広く浅く行動をしているしがないサラリーマンです!

 

今回、日本政府が中国や韓国からの帰国者をコロナの感染症対策ということで、一時的にある場所に隔離する旨(入国制限強化)を表明しましたね。

日本政府としては、その対応が正直後手に回っているとしても、とった方がいい処置ではあるのだが、これに納得をしない国がある。

 

そう、それはあのお隣の問題国である『韓国』だ。

 

韓国では感染患者数がどんどん増え、日本で最初に国内感染者がでた後に初感染者が出てきてからものすごいスピードで伸びてきた。

当然、自国を守るために、危険な環境であるところからの入国などを制限するという行動は一時的に必要となるであろう。

 

今回の日本の行動に関しても非常に理解できる行動なのだが、韓国はこの発表に対し、『対抗措置』をとってきたのだ。

 

対抗措置ってなんなんじゃ?

韓国では勝手に政治的な意図がと解釈している模様ね

というように、自分たちの考えに変換をして考えてしまうのであろう。

今回はその辺りを触れていく。

 

韓国と言う国の支離滅裂

今回の日本がとった入国制限に関して、『政治的な意図がある、だからうちもビザがないと入れなくする』などと言う勝手な解釈をし、稚拙な行動に出ている。

そもそも、日韓関係の悪化を産み出し、日本に旅行に行かない、日本製品を買わないなどボイコットジャパンと言われるものを国主体で繰り広げていた国が、『入国制限を撤回しろ』って、本末転倒・支離滅裂ですよね。

日本に行かないって行ってたのに、日本に来れなくなると怒るの??

と言う感情を抱く方も多いのではないでしょうか。

 

なんか、最近忘れたことになっているようですが、韓国が日本にしてきた数々の問題。

日本の合理的な輸出管理強化に対し、自国の貿易を見直すこともせず、

『撤回しろ!しないならば対抗措置をとる』と言うことなど、よくわからないマウントを取ろうとしてきた国がここまできてもマウントを取ろうとしている。

そもそも、世界各国で新型コロナに対し、対応を模索している中で、感染拡大をさせないようにするために様々な試みをすることは必須です。

言っていることが支離滅裂なのです。

 

また、韓国は過去の日本の話に触れる機会が多いのですが、日本は賠償なども多くしてきています。

その額は総額5億ドル以上とも一説では言われており、被害者への賠償に尽くしてきました。

被害者が納得しなければということは言われるかもしれませんし、過去のことは忘れてはならないのですが、未来に向かわないといけません。

その為、政治のなかで国同士が『解決済み』と言うように決めたものを、その約束は被害者が納得していないから、無かったことにとしてしまうのです。

国と国の代表が書面を交わして決めたことをですよ?

さすがと言わざるを得ないですよね。

 

国との約束を反故にせざるを得ないところには理由があります。

一番大きな理由としては、国民の意見が政治に全て影響するのです。

日本だと、国民の代表者でありながら、そんなことはないですよね。

また、何人かが批判したところで、それが政治に与える影響はそうそうないですが韓国はそれが当たり前なのです。

まとめ

で、話を戻しますが、今回の入国制限強化を韓国さんに伝えるとするならば、

『全く政治とは関係ないですよ』と言うこと。

 

国民もそうですが、世界各国としても対応に追われているのはわかりますが、冷静な判断をお願いしたいものですね。

また、人間なので、全部自分の思い通りにならないと嫌だと言う人もいるでしょうが、人間関係でそう言った行動をしている人でうまく行っている人を見たことがないです。

そのため、変なマウントや自己中心的考えはほどほどにするべきでしょう。

 

今日は、ニュースの中でこう言った考えは危険だなと言うことで、記載をさせてもらいました。

お付き合いいただきありがとうございました。

よければ読者登録やSNSフォローもお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました