スポンサーリンク

こんな企業っておかしくない?(4つの例に基づいた話)

こんな企業は気をつけろニュース
スポンサーリンク

トレンドニューストレニューです。

私の過去所属してきた会社や現在所属している会社でもそうなのです
が、とにかく『ここおかしくない?』という点が多いのです。
ただし、どこの会社も傍から見ておかしいんじゃないかと言うことは
ありますが、そんなレベルに無いのです。

そこで今回はこんなところがおかしい会社には気を付けろという題名
でお伝えしていきます。
この記事はいま現状転職を検討している方やうちの会社おかしい?と
思っている方に向けて、疑念を確信に近づける記事になっております。

確信

ちなみに、多くの会社でよくあることなのですが、
『残業が多い』『サービス残業ばかり』のような
ありきたりなものは省いてお伝えをしていきます。

 

こんな企業には 気をつけろ! 4選

注意

こんな企業は気をつけろ! その1・・・顧客満足を追求しない

これは意外と中小企業に多いのですが、企業の理念がなく、売上を
『なぜ上げたいのか』や『上げてどうしたいのか』のようなものが
欠落している会社は非常に問題ですので気をつけた方がいいポイント
になります。

そもそも、企業の売り上げとは、顧客満足を追求した先にあるもの、
あるいは、社会的な活動の先にあるものを理念として掲げている場合
が多いのですが、企業活動はクライアントがいれば『顧客満足』
得ることができての対価としてお金が発生することになります。

ただ、売上を単純に『上げたい』などとしか考えていない会社が
果たして『顧客満足』を得ることができるでしょうか?

不満

答えはほとんどの割合で『得ることはできない』でしょう。

 

なぜ顧客満足を得ることができないのかを具体的に示すとするならば
それは、『顧客満足のための思考を使わないから』に他なりません。

いいサービスを提供するならば、常にクライアントの事を考え、
何が必要か、どのようなサービスが有れば満足できるのかを
ひたすらに考えるべきでしょう。

売上のみを意識している企業は『顧客満足』の考えの先に
『売上(対価)』がついてくることを意識していない証拠になります。

当然ながら企業活動なので、慈善事業ではないですから利益の追求は
企業活動で非常に重要なファクターとなるでしょう。

ただ、それはあくまで顧客満足を得られた対価ということを忘れては
いけません。

顧客満足の追求が蔑ろになっている会社はをつけてください!

 

こんな企業は気をつけろ! その2・・・経営陣や上司が動かない

経営陣が動かない会社も非常に問題です。

そもそも経営者や経営陣と呼ばれる人たちは企業のトップであり、
会社を引っ張ってく責務がある人のことを言います。
決して、楽ができる立場でない事を意識しないといけません。

ところが、多くの中小企業や大企業でも、代表取締役になったり、
重役になった瞬間から『働かなくなる経営陣』て多いんですよね。

行動しない

こういった人に多いのは、『ここのポジションに来るまで頑張った
んだし、やっと落ち着ける』みたいな考えの人も多いのです。

本当はそこからがスタートなのにね・・・・

で、結果としてこういったマインドの経営陣が多い会社は前年度から
売上があまり動かず、むしろ利益で言えばマイナスみたいなことも
応にして起こっているのです。

企業のトップである代表取締役が動くのは当たり前として、経営陣は
会社を安定に運営し、先ほどのその1でも挙げた『顧客満足』の追求
に目を向ける必要があるのです。

その他、従業員を雇っているので有れば、従業員に対しても雇用
という点で責任を負っているということを忘れてはいけません。

ちなみに、会社のトップが1週間のうちほとんど出勤しなく、
会議なども出ないという会社も問題ですね。

経営陣や上司が動かない会社は気をつけてください!

こんな会社は気をつけろ! その3・・・ルールが曖昧

企業活動に置いて、『マニュアル』は重要であると考えます。
というのも、マニュアルはある一定のクオリティを保てますし、
新しい方に教える時にも一定の基準として必要なのです。

ただ、俗に言うマニュアル人間のようになる必要はなく、あくまで
一定の基準を保てるためのマニュアルやルールは必要でしょう。

ただ、このマニュアルやルールが各人、いろんな人でコロコロ
変わっている会社は危険なのです。

曖昧

それは、会社として統一された考えやルールがないということに
他ならず、対クライアントのものを扱っている企業であれば、
この前こう言われたのに、違うの?』のような不信感を与える事に
なってしまうこともあるでしょう。

そういった、対応の時にも一定のクオリティ維持にも役立ちます。

なので、会社で働いている時に、『これどうなんだろう?』とか
『こういった場合どうしたらいいんだろう?』とか『なんか前に
言ってた事と違くない?』みたいな事が起きている会社は危険です。

ルールが曖昧・マニュアルがない会社は気をつけてください!

 

こんな会社は気をつけろ! その4・・・社員の士気が低い

これも非常に危険なシグナルなのですが、社員の士気が低い会社は
問題です。

どんなところが問題なのかというと、社員の士気が低い場合の中に
【ブラック・サービス残業・激務・ハラスメント・無関心】
あるのです。

ブラックやサービス残業、激務、ハラスメントに関しては士気が
下がるのはなんとなく皆さんも想像できると思います。

士気が低い

問題は、【無関心】なのです。

無関心ってなんとなく『関心持ってないってのは、つまり何もいわれ
ないならよくない?』と思う方もいるとおもいますが、人間のモチベ
ーションのは人から関心を持たれていて、評価されているということや
頼られているということから保たれるということもあります。

ただ、無関心であると、自分が何に向かってやっているのかわからい
ということや、これで 正しいのかなどの不安が付き纏うこととなり
最終的に『自分がいる必要があるのか』などのマイナスな感情に支配
されることもあるでしょう。

マイナスな感情は人間の行動を抑制し、やる気も減り結果として、
会社に行きたくなくなったり、気を病んだりしてしまうこともありま
す。

ハラスメントが言葉や身体的で且つ直接的な暴力であれば、無関心は
間接的な暴力であると言っても過言ではありません。

とにかく、社員の士気の低い会社には気をつけてください!

 

結論

 

こんな企業には気をつけろ!!

注意

・顧客満足が追求できず、理念がない会社は気をつけろ!
・経営陣や上司が動かない会社は気をつけろ!
・ルールがない会社は気をつけろ!
・社員のしきが低い会社は気をつけろ!

 

ということになります。

ここに列挙したものが全てではないですが、こういった企業は
ゆくゆくよくない方向に進みますし、働く方の為にもならない為、
そういった会社にいる方はすぐさま転職を検討すべきでしょう。

会社は自分を成長させてくれるところではないですが、企業は従業員
に教育やキャリアアップを提供する責務はあります。

会社におんぶに抱っこではよくないですが、最低限のところも企業が
守れないようでは、社員も定着しないでしょう。

ということで、今回はこんな企業っておかしくない?(4つの例に
基づいた話)についてお伝えしました。

こういった企業から抜け出し、自分の居心地の良い環境に巡り合える
といいですよね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

読者登録&SNSフォローもお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました