スポンサーリンク

こんな時は『自己投資』でもして備えるべき理由

明るい未来のための自己投資ニュース
スポンサーリンク

トレンド&ニュースの『トレニュー』です。

コロナ関係で【自粛疲れ】【自粛警察】【自粛太り】など
様々な問題が出てきている昨今でございます。

また、こんな状況で実際に日本には毎日報道される感染者数よりも
多くの感染者がいるかもしれないとなった日には、
もう我慢の限界でしょう。

当初の緊急事態宣言である5月6日まで休業して、それ以降は
営業時間短縮をして営業する店も多く出てくるようになっており、
それぞれの状況はあるのはわかりますが、
感染拡大してさらに自粛を強めないといけなくなるということを
非常に懸念しています・・・

今だけを見ていると色々我慢ができないことが山積しているように
感じるでしょうが、少し先を見据えることで解消できるものも
あると思います。

 

自己投資のすゝめ

自己投資のすすめ

そんな中で、自粛が苦痛に感じている人は未来を見て自分の
スキルを上げるための自己投資をするべきであると考えます。

在宅だ、家事だとか色々あるとは思いますが、その中で明らかに
家にいる時間は増えていることと思います。

そんな時に、自分に投資しないのはもったいない。

自己投資ではなく、金銭的な投資を学び始めた人は多いでしょうが、
投資はあくまでお金に働いてもらうための勉強ということになります。

1つのツールとして使用する、勉強するには
非常にいいと思いますが、なかなか投資一本で稼げるという人は
全体のうちでも数えるほどでしょう。

 

それは、何故か。

 

我々人間は【労働は安定収入】であるということを
知ってしまっているに他なりません。

ただ、この今の状況を見てみると、
労働で得る収入も安定で無くなりつつあるということは容易に想像つきます。

来年度の新卒入社の人員計画を削減する企業も多く
出てきており、その他、リストラの計画なども出てきている会社もあります。

社内失業者にならない為に

社内失業者

このリストラですが、一昔前だと【窓際族】と呼ばれた人たちの増加
が主な原因で、特に仕事が無いのにもかかわらず給料だけは
もらっているという人が増加の一途を辿っていることは
大きな要因になっているとか。

このような窓際族と言われる人たちは現代では【社内失業者】と
呼ばれているのです。

社内で失業ですから、どんだけ企業は労働者を見ていないんだと
感じることでしょう。

ある統計では社内失業者はど労働者全体の8.5%程度
人数で言うと400万人から500万人程度はいるとされる
データもあるようです。

まあ、簡単に言ってしまうと、企業が大きくなって
組織がおきくなると、隠れる場所が多くなると言うことでしょう。

隠れる場所が多ければ、自分を律することのできない人や
個で戦えないと言う人は本来の上昇志向で上を目指したり、
給与をよくしようとしたりと言う路線から外れてしまいます。

今のままでいいやと自分を納得させて、
うやむやのままで居続けると言うことですね。

これは日本ならではの組織体系と言えるでしょう。

 

ただ、今まで隠れることができる場所があったのが、
隠れられなくなってしまう事象が今回のコロナが影響して
生じて来ています。

それは、企業経営の状況が悪化しているという点ため、
経営者は経費を見直す必要があり、結果明るみに出てしまうんですよね。

企業の経営状況は投資を行っている人ならなんとなくピンと
くるでしょうが、会社のホームページや財務諸表など見ていると
明確なのですが、今回のコロナの影響で、4月以降の売り上げや
利益予測を伸ばしている企業もありますが、悪化している予測を
立てている企業はかなり多くの割合を占めています。

企業の経営状況が悪くなっても、特に自分には影響しないと
考えているそこのあなた。

企業の経営が悪くなった時に企業が見直す経費という材料の中に、
【人件費】というのは必ず含まれてきます。

今までうやむやで行けたのに、一人一人の生産性などを見られて、
リストラなんてことも今後多く出てくることになるでしょう。

後悔しない為の自己投資【おすすめの資格情報など】

悩まない

自分は関係ないやというスタンスでいると、
後々大きな後悔をしてしまうのです。

そのために、今現在これだけ時間があるので、自己投資をする時間を
取った方がいいと提案してるんですよね。

家にいて、ある程度の事をやったら、ぐーたらという自分を変えてみましょう。

自己投資をすることで、会社から必要とされる人材になるのと同時に、
他の会社でも必要とされるほどの人材になることを目的にしてみてはいかがでしょうか。

では、具体的にはどのようにして行えばいいのか。

 

答えは簡単です。

 

まず、企業で出している求人の中で、この資格があれば優遇とかの情報を
ピックアップしてみるのです。

その中で、平均的にどの職場でも賃金の高い業種や内容を選びます。
(自分のもともと行けない業界は省く・・・例えば、医療関係は大学を
卒業してないのでできないなどの物理的に難しいものなど)

そして、その後その仕事の中で記載のある資格情報について調べる。

 

・どのくらいの合格率なのか?

・勉強時間はどのくらいなのか?

・どんな仕事に役立つのか?

 

など、イメージをつけることが重要になってきます。

 

そして、ここが注意なのですが、
自分が難しそうとか、無理そうなものは一旦トライしない事が
重要です。

探した資格のなかで、一番簡単そうな資格にトライしましょう。

 

そうする理由は明確です。

 

人間は成功体験を得る事で、モチベーションが変わるものであるからに
他なりません。

今まで挫折を繰り返してきた方の中で、努力しても努力しても
成功したことがないという話を聞くことがあります。

実際に成功体験を得れていないと、自分のやっている事が正しかが
わからなくなり、結果として長い迷路に迷い込んだような感覚になってしまいます。

人間には無意識の感覚というものもあるので、
自分のレベルよりも少し低いとも思えるものにトライし、成功する。

この体験こそが重要なのだと。

人間失敗続きで何クソと成果を発揮する人もいるでしょうが、
一握りではないでしょうか。

大体の方が、成功したい、認められたい、褒められたいなどの
一種の承認欲求にも近しい感情が隣り合っているのでは?

そのため、何度も言うようですが、成功をすることで、
「自分にもできるんだ」という自信をつけていく必要があります。

勉強でも、できなくなってから・わからなくなってからつまづいた
という人は多いはずです。

それまでは、理解でき、わかったために勉強をすることが楽しいと
思えていたのに、ある【つまづき】を境にできなくなったという話も
多く聞きます。

こういったことから、人間には成功体験が必ずと言っていいほど
必要になってきますし、成功する体験を積めば積むほど
モチベーションも簡単に上がっていくでしょう。

ただ、一つ注意しなければいけない点は、
成功をしたことで満足をして歩みを止めてしまうと言うことです。

なので、満足して歩みを止めることは注意をしましょう。

そうならないために一つ考えなければいけないことは、
合格者が多く、合格率の多い資格は裏を返せば誰でも出来るもの
ということです。

資格はある程度その難易度が賃金に反映することが多く、
資格のなかでも合格率が低いものは給料も高い傾向に
あると言うことが言えます。

そのため、成功体験を積むための比較的簡単なものを受けて
受かって満足してしまってはあなたの市場価値はあがらず、
今までと同等程度になってしまうということを肝に銘じましょう。

では、成功体験を得ることのできる具体的な資格をお伝えします。

 

1、FP3級(合格率 70%程度、学習時間 20時間程度)

2、ITパスポート(合格率 50%前後、学習時間 100から180時間)

3、簿記3級 (合格率 50%前後、学習時間 50から70時間程度)

この辺りが妥当であると思います。

そもそも、国家資格のなかでも比較的簡単なものを抽出している
のですが、成功体験を得るにはちょうどいい合格率や勉強時間に
なっているものも多いです。

簿記だけは国家資格ではないのですが、
そもそもお金の計算などを知っているのと知らないのでは、
だいぶ違いますし、株などの投資で財務諸表を読んだり、自分で
起業をすることを考えている方にも役立ちます。

その他、〇〇士と付くなかでも比較的簡単とされているのが、

宅建士です。

他の士業は合格率が一桁台の割合しかな合格しないのに対し、
宅建士はおよそ15%前後が合格するとなっています。

少し難易度の高いものをと考えている人にはお勧めです。

 

勉強法のすゝめ

勉強法

と、まあ自己投資をするための資格、
その資格を取るための成功体験になりうる資格を載せました。

意外と簡単なので、挑戦して見てください。

また、私は自分で学習する際の方法として実践していることがあります。

 

それは、【ノートに書くことはしない】と言うことです。

よく勉強をする時に、ノートやペンを出して、
さあ、やるぞ感を出す方もいますし、もしかしたらその人には
そう言ったスタイルがあっているのかもしれません。

ですが、私の場合は視覚情報聴覚の情報で頭にインプットをする
ということを実践しています。

そして、インプットが終わったら誰かにこれ見よがしに
知識をひけらかす(笑)⇔アウトプットですね。

で、質問をされてわからなかったことを再度調べるなどして
意識に定着をさせていきます。

意外と、目で見て文章を音読していくということだけでも、
頭に入ってきますし、それを誰かに話し、ちぐはぐになって
いなければ自分の知識として定着していると言えるでしょう。

意外とおすすめなので、チャレンジして見てください。
(周りの人に嫌がられないレベルで)

 

最後に

価値を高める

知識をつけることは、今すぐに何かに生きてくるものと言うよりは、
ゆくゆく自分の価値を高めてくれるものになることが多いでしょう。

今回のコロナの影響で、失業者がかなり増えていくという試算も
ありますので、自分が唯一無二になるような自己投資を
行っていくことが重要です。

そうすることで、いつ自分の仕事がなくなるかという不安からも
解放され、結果的に良い人生を送れるのではないでしょうか。

 

今回は、こんな時は自己投資をして備えるべき理由を
お伝えしました。

 

各種SNSフォロー、読者登録をお願いたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました